タキシード・フォーマルスーツ・モーニングコート・燕尾服などフォーマル専門店・通信販売のノービアノービオ

amazonアカウントでお支払ができるようになりました

衣装提供

店舗情報

タキシードの着用、採寸方法など、ネットでのご注文に不安のある方は是非店舗へお越し下さい。
フォーマルスペシャリストのスタッフが対応致します。

営業日カレンダー

WEBショップ休業日
平日でも棚卸等でお休みをいただく場合がございます。
実店舗は土日祝日も営業いたしております。

スタッフブログ

もっと詳しく読む

HOME > 着こなし HOW TO > ディレクターズスーツ着こなし基本編

着こなし HOW TO

着こなし HOW TO

ディレクターズスーツ着こなし基本編

ディレクターズスーツとは

ディレクターズスーツとは

昼間の準礼装として活躍し、 フォーマルスーツよりワンランク上の 慶事用スーツに位置づけられている ディレクターズスーツ。

その名のとおり ”ディレクター(重役)”クラスの 格調高いフォーマルスタイルです。

◇ 着用シーン

結婚式では新郎新婦の父親や上司など、 主賓格の威厳のある装いとして定着しています。

ディレクターズスーツ説明の写真

昼の正礼装「モーニングコート」に準じ、
白いアイテムでコーディネートすれば、準礼装(セミフォーマルスタイル)の完成。

◇ トップについて シングル一つ釦もしくは二つ釦のフォーマルスーツが好ましい。
◇ ボトムについて 縦じまスラックスのコールパンツを着用します。
◇ シャツについて レギュラーカラーシャツ。
◇ グレーベストについて 徹底的に差をつける、グレーベスト。襟つき、襟なしどちらでもお選びいただけます。
◇ タイとチーフについて 格調高く、シルバー系のネクタイとチーフを合わせます。

商品ラインナップ

ディレクターズスーツの装いのコーディネートに